Please reload

最新記事

椎間板ヘルニア…3度の手術(>_<)

March 19, 2018

1/1
Please reload

特集記事

消えたガングリオン!

November 12, 2016

みなさん《ガングリオン》って知ってます??

↓↓こんなのです↓↓
 


患者さんが

「半年くらい前に突然ビー玉が入ったみたいになっちゃって・・・」っと。

そんなに痛くはないのですがどこに行っても「どうしたの??」っと心配されたり気持ち悪がられるのが嫌だと・・・



ピースフルボディの治療は局所だけでなく患者さんのエネルギーバランスを診ます。

局所だけを治療していくと患者さんの身体の色んなところに負担がかかってしまうのです。

なので検査から治療の内容に至るまで患者さんの未来を考えて治療します。



まず、なぜこのような症状が出たのか過去の状態を検査で探っていきます。



痛みや症状がでた時、患部が悪くなったと思われがちですが、

何年もかけて身体に負担をかけ一人ひとりの弱い部分や痛めやすい部分に症状となって表れただけなのです。

この痛みや症状はいつ痛めたものか身体を診ればわかるのだそうびっくり





たとえば半年前に急にできたと思われるこのガングリオンもその時、発症したでけで何年も前から予備軍だったのです。



先生「7年前の8月くらいに首より上に強い衝撃を受けたとかぶつけたとかはないですか?」



患者さん「ん~~~・・・あっ!!ありますびっくりちょうど7年前の8月に竹を切っていて竹がしなって顔に直撃したんですアセアセ顔が腫れあがって・・・」



先生「やっぱり・・・うんうん・・・」



患者さん「ななななんでわかるんですか滝汗」



先生「○○さんの身体が教えてくれましたニコニコ」



ってな感じになるんです。



先生「では、手首のガングリオンの原因は首より上にあると思いますので治療していきますねニコニコ」



患者さん「ははははいびっくり」



鍼の深さ、打って置く分数など全て患者さんの身体と会話(検査で)しながら決めていきます。

患者さんの身体に負担のかかる無理な治療はしません。



先生「○○さんの身体が今日はここまでといってますので今日はここまでですが

徐々に痛みもなくなってきますので安心してくださいね!!」



っとこんな風に治療を続けること3回・・・



患者さんから画像付きのメールが・・・

「先生!!!!!!
ガングリオンが

きききき消えました( ̄□ ̄;)!!」





患者さん色んな所で「見てみて~!もうないでぇ~(^ー^)」っと自慢してるんですと😁





私ですねぇ。。。

ピースフルボディの治療をどう説明していいのかずっ~っと悩んでいて

今日、ある方に先生の治療方法をお話ししていて気付きました!

私・・・ピースフルボディの治療のファンだわ☆

だからファン目線で伝えるのが一番伝わるんじゃないかって(*^ー゚)



アウトプットって大事ですねぇ~

人に話すって大事だなぁ~

私こんなこと思ってんだ~って・・・
 

Share on Facebook
Share on Twitter