椎間板症って何とかなるの??

椎間板症 愛知県の大学3年生 陸上 (棒高跳び選手) 12月上旬の練習中、

腰に激痛が走り動けなくなった。 その後、整形外科にてレントゲンとMRI撮影をしたところ、《椎間板症》と診断されたそう。 それから約2ヶ月経っても回復が思わしくない状態。

痛みの起こらない範囲での軽い練習しか出来ず、

『大学4年生になる最後のシーズンが近づいてきているので、思い切って練習が出来るようになりたい』と、当院へ来院されました。

来院時は、腰の可動域が回復せず、痛みでほんの少しの前後屈、側屈が出来る程度でした。 ========================

⚫椎間板の可動域を出す。

⚫椎間板の炎症を抑える。

⚫筋膜の捻れをとり、

 椎間板へのストレスをなくす。

=========================

などの治療を行いました。 治療後、

ほぼフル可動域に、痛みも無く

後屈時に少しの違和感を感じるくらいにまで回復しました!

本人はとても喜んでくれていました! 最後に棒高跳びの悩みの相談をうけて治療を終了しました。 次週に腰のチェックと仕上げの治療をして、良ければ競技復帰予定です( ̄▽ ̄)b 


特集記事
最新記事