冬期トレーニングのケア

-------------------------------------------------

右有痛性外脛骨(舟状骨の内側の痛み) 左シンスプリント 腰の痛み 中学2年生女子 陸上短距離選手

-------------------------------------------------

☑陸上の冬期トレーニングで基礎体力強化

☑走り込みのトレーニングを行っている。

☑強くなりたいとトレーニングを頑張っている

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

疲労の蓄積や筋膜の捻れや癒着も数ヶ所起こしていました(>_<) それにより、

バランスの崩れた筋肉が、舟状骨や脛骨を引っ張り続け、有痛性外脛骨やシンスプリントを起こしてしまっていて、 また、バランスの崩れた体の負担が腰痛の症状を引き起こしていました。

✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳

治療は筋肉の疲労、張り、筋膜の癒着や捻れを除去する治療をし、

仕上げに腰の炎症を取り除き、

終了しました。

使った鍼は1本、置き鍼2つでした。

✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳

💮ポイントをしっかりつけば、患者さんの負担も最小限‼

痛みも可動域もスッキリ解決します。 治療後は全ての痛みが無くなり、

安心した様子で学校の事などを色々話してくれました(^ー^) 


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
No tags yet.
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square